CME薬剤師(転職)の詳細や特徴・利用者の評判や口コミは?求人内容の内訳についても!

CME薬剤師は、東京・大阪・名古屋・福岡を拠点とした転職エージェントであり、薬剤師に特化した分野の転職情報が掲載されています。

今回はCME薬剤師の「薬剤師転職情報」に関する詳細などを調べ、
我々薬剤師の転職活動にどう役立つかを見ていきます。

 

薬剤師の転職は専用の転職サイトを利用することが転職成功への近道ですよね。

CME薬剤師について、どのような特徴をもった転職サイトであるか、登録前の注意点や登録後の使い方を説明していきます。

時間がない人向け記事ダイジェスト
CME薬剤師は薬剤師の転職にたいし非常に親身になり対応する(7つの約束)
・履歴書、職務経歴書の作成が効率アップする

CME薬剤師の企業概要

CME薬剤師を運営するのは、株式会社 CMEコンサルティングです。

2011年に設立され、東京、大阪、名古屋、福岡に支店を持っています。

CMEはCreating Medical Environmentの略で、「常に誠実に、医療従事者が、より医業に専念できる環境作りを通じて医療の未来に貢献する。」というコンセプトのもと、人材紹介サービスを展開されています。

出典:https://www.cme-consulting.jp/#Service

CME薬剤師の他にも「医師」「看護師」「登録販売者」「放射線技師」「臨床検査技師」「PT、OT、ST向け」の転職支援サービスも展開されています。

医療業界の転職などに精通されているのではないでしょうか。

CME薬剤師が抱える求人の特徴

CME薬剤師がどのような薬剤師求人を抱えているのかを独自に調査してみました。

公開求人数を公式ページから検索した結果、

  • 薬剤師の総求人件数:17406件
  • 薬局の求人件数:13551件
  • 病院の求人件数:726件
  • OTC販売求人件数:1769件
  • OTC兼調剤併設求人件数:1360件

でした。

(2019年6月29日現在、yaku-ten.com調べ)

大手のマイナビ薬剤師や薬キャリと比較し、公開求人の総求人数は3分の1程度です。

非公開求人数に関しては比較できていませんが、

上記の結果より、CME薬剤師は調剤薬局・病院・ドラッグストア・企業など、満遍なく得意なように見受けられます。

CME薬剤師へ登録するメリットと評判、口コミは

CME薬剤師は求人情報のみならず、職務経歴書や履歴書を自動で作成してくれる「履歴書・職歴書メーカー」が必見です。

他社は履歴書や職務経歴書の書き方の説明はあるものの、項目を埋めていくだけで自動的に作成されてしまうのは非常に楽ですよね。

また、CME薬剤師は「とことん納得のいく転職をしてもらいたい」を理念とし、以下のような7つの約束をされています。

出典:https://www.cme-pharmacist.jp/outline/

  1. 皆様のお話をじっくりと徹底的に伺います!
  2. 皆様にご紹介を行う求人数に徹底的にこだわります!
  3. 常に新鮮な求人のご紹介をお約束します!
  4. 他には出ていない求人情報提供に徹底的にこだわります!
  5. 薬剤師側に立った交渉をいたします!
  6. 面接同行・入社後フォローに徹底的にこだわります!
  7. 土日祝日も対応可能です!

非常に求職者に関して真摯に対応してくれそうな印象ですよね。

評判と口コミ

それでは、CME薬剤師で転職に成功した方達の口コミを見ていきましょう。

不慣れな土地での転職活動

大学卒業後、地元の病院勤務を経て、調剤薬局で勤務薬剤師として従事して参りました。
外来調剤+在宅に携わっていくうちに在宅緩和ケアに興味を持ち始め、自身で勉強会や講演会などへ参加しておりました。
この度、結婚を機に岐阜県へ転居することから、家庭との両立を目指した働き方に変えていきたいこと、できれば興味のある在宅緩和ケアに携われる職場で新たなスタートを切りたいと思い、CMEさんに相談した次第です。
実家が関西エリアの為、地理感覚もなく、通勤圏がどのようなものかも不安を抱いておりましたが、東海エリアに支社があることから就業先の地域柄なども聞くことができました。
また、担当のコンサルタントとお会いする回数が多くなるほど私の緊張も消え、本音でお話しすることができました。

出典:https://www.cme-pharmacist.jp/change_job_case/21395/

 

経営について学び、薬剤師としてスキルアップ出来る環境への転職

大学卒業後は病院へ入職。その後調剤薬局へと転職しました。
調剤薬局では一般勤務薬剤師、管理薬剤師として服薬指導や店舗の管理、医療施設との関係の構築を行ってきました。かかりつけ薬剤師や在宅等、会社の方針に則り目標を独自に設定し、達成のために周囲と協力しながら業務を進めてきました。
そんな中で、将来的な独立なども視野に入れるようになり、「もっと経営に携われる環境で仕事をしたい」という想いが芽生え、経営陣と密接にコミュニケーションがとれて、様々な社員や医療機関と接することが出来る環境はないかと思い、CMEさんに相談しました。

他の薬剤の転職に特化したサイトと異なるところは、医師や看護師向けの転職エージェントでもあることだと思います。

このように医療業界全体をバックボーンとして占めている転職エージェントは非常に頼りになるのではないでしょうか。

 

公式サイトの口コミをご紹介しました。

私独自の口コミ調査も行っているので、調査終了次第こちらにアップデートしますね!

登録前の注意点

薬剤師の転職を成功させるにあたり、一つだけではなく他の転職サイトの併用利用が良いでしょう。
併用をお勧めしている理由とそのお勧めサイトは下部に記載してありますので、ご覧ください。

また、来年度に薬剤師免許を取得される予定の薬学生は、登録だけで1万円もらえちゃう 登録1万円キャンペーン他各種キャンペーン実施中!薬剤師の派遣・転職 株式会社AXIS(お仕事ラボ運営)というサイトもありますので、ぜひご活用ください。

登録後の使い方

基本的な利用の流れは一般的な転職支援サイトと大きく異なるところはありません。

  1. 無料会員登録とヒアリングによる希望条件の提示
  2. 求人条件の紹介
  3. 希望求人が見つかった際の面談、面接のセッティング(書類面接準備・面接対策・面接同行)
  4. 面接・見学

という流れですが、面接準備、面接対策の資料が公式ページでしっかりと公開されており、

転職をする際には非常に役に立つものです。

詳細は公式ページをご確認ください。

 

薬剤師が転職時に登録しておきたい転職サイト

薬剤師の転職サイトは数多くあり、どのサイトを利用すればよいか判りにくいですよね。

迷ったらまずこれらの転職サイトを活用してみよう

当サイトでは、各転職サイトの特徴や、使うべきポイントに関してまとめる予定でいますが、まずは最王手の「マイナビ薬剤師」と「薬キャリ」などの複数の転職サイトに登録しておくことが良いでしょう。

マイナビ薬剤師」は5年連続利用者満足度がNo1ということで、信頼と実績があり安心して利用できそうです。
サイト内には職務経歴書や履歴書の具体的な書き方講座もあり、とても参考になります。

薬キャリ」はm3キャリアが運営する転職サービスで、医師向けのサービス提供も実施している会社であるため、病院系の転職に強いと言われています。

最新の情報を常に受信し続けることが必要

一般的に、転職に関連する情報は生ものです。
好条件の案件であれば、あなたが迷っている数時間のうちにライバルに取られてしまうこともあるでしょう。

なるべく早く行動し、情報収集をしていくことが、あなたの転職を成功させるカギの一つだと言っても過言ではありません。

また、様々な転職情報に触れていくことで、求人情報への目も肥えてくると思います。

どんどん転職サイトを有効活用していくことは、あなたの転職をより良いものへとするでしょう。

このように複数の転職サイトに登録しておくことでそれぞれの強みを活かすことができるようになりますので、できれば複数登録することをおすすめしています。

転職サイトやコンサルタントを有効に活用するための方法

転職サイトやそのコンサルタントを有効に活用するに押さえておきたいポイントがいくつかあります。
それらのポイントをまとめた記事もありますのでチェックしてみてくださいね。

まとめ

薬剤師むけの転職サイトの一つであるCME薬剤師に関して調査してみました。

履歴書、職務経歴書メーカーといった他のサイトには無い効率化ツールや、運営会社が薬剤師だけではなく、医療業界全体を俯瞰した人材紹介サービスを展開されているのは非常に良いなと思いました。

公式サイトでは転職のノウハウや求人検索の方法などをまとめた「特集」も記載されているので、そちらも是非チェックしてみてくださいね。

 

 

この記事が少しでもあなたの転職に役に立てば幸いです。

 

スポンサーリンク
マイナビ薬剤師
エクスファルマ

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事