ヤクマッチ薬剤師の評判や特徴は?登録方法やメリット、運営会社や利用者の口コミを調査!

ヤクマッチ薬剤師は、薬剤師に特化した分野の転職・派遣・求人情報の取り扱いがある転職サイトのうちの一つです。

今回はヤクマッチ薬剤師が保有する薬剤師転職情報に関する詳細について、運営会社なども含めて調査いたしました。
数ある転職サイトの中で、ヤクマッチ薬剤師はどのような特徴をもった転職サイトであるか、登録前の注意点や登録後の使い方を説明していきます。僕たち薬剤師の転職活動にどう役立つかを見ていきましょう。

ヤクマッチ薬剤師へ登録するかどうかを迷っている際に参考にしていただければと思います。

薬剤師の転職は、自身で求人情報を集めるよりも、専用の転職サイトを利用することで劇的に効率が上がるため、より希望する職場への転職へは欠かせないですよね。転職サイトに登録されている求人の情報量も大事ですが、所属しているエージェントの技量も大切になってきます。

実際にヤクマッチ薬剤師を使用した方による口コミも併せて紹介していますので、参考にしてみてくださいね。

 

>>薬剤師の転職ならヤクマッチ<<



ヤクマッチ薬剤師公式:https://yakuzaishi.yakumatch.com/

時間がない人向け記事ダイジェスト
・ヤクマッチ薬剤師の求人登録数は大手サイト並の50000件超え
・薬学実習生の声まで聴取しており、様々な観点から職場の情報を得ている様子
・比較的新しいサービスなので、口コミや評判の情報はこれから出てくると思われる。

ヤクマッチ薬剤師の企業概要

ヤクマッチ薬剤師はスプリングフィールド株式会社が運営する、薬剤師向けの転職支援サイトです。

運営するスプリングフィールド株式会社について調査しました。

スプリングフィールド株式会社について

会社名スプリングフィールド株式会社
本社所在地東京都渋谷区広尾1-11-2
代表者代表取締役社長 中谷 浩之
事業内容
  • 医療従事者の就職・転職活動に関するコンサルティング
  • 有料職業紹介事業
  • 企業経営のコンサルティング
  • 人事・教育支援のコンサルティング
  • セミナーの企画、立案、実施
  • WEBサービス等の企画、開発、運営
許可厚生労働大臣許可番号
有料職業紹介事業(13-ユ-306533)

(出典):https://yakuzaishi.yakumatch.com/profile

ヤクマッチ薬剤師のサイトに掲載されている会社概要を転載します。

設立の詳細について

スプリングフィールド株式会社は2014年1月に中谷浩之さんが設立された会社です。

会社設立の目的について

ヤクマッチ薬剤師を運営するスプリングフィールドは上記のような事業内容を持って運営されていますが、その設立目的はどのようなものなのでしょうか。

PASONAの求人情報サイトにスプリングフィールド株式会社のものであると考えられる投稿がありましたのでご紹介します。

医療従事者を目指す学生は、学業等で非常に忙しい上に売り手市場のため、自分の就職先のことをあまり調べることなく安易に就職先を決めてしまう傾向があります。結果、3年以内に転職する人、納得のいかない状態で勤務を続けている人が多い状況です。この状況を変えたいという想いから同社は設立されました。

このように、学生の時の就職活動時の問題点にフォーカスすることで、薬学生が安易に道を極めることのないようにサポートして行きたいという意気込みを感じる会社です。

また、資本金や従業員数に関する情報も同じページで公開されていましたので紹介します。

資本金5百万円
従業員数13人

ヤクマッチ薬剤師が抱える求人の特徴

ヤクマッチ薬剤師がどのような薬剤師求人を抱えているのかを独自に調査してみました。

公開求人数を公式ページから検索した結果、以下のような結果になりました。

ヤクマッチ薬剤師のWEBから検索できる求人情報件数

  • 薬剤師の総求人件数:50,624件
  • 調剤薬局の求人件数:35,232件
  • 病院・クリニックの求人件数:1,138
  • ドラッグストア(OTCのみ):7,463件
  • ドラッグストア(OTC兼調剤併設)求人件数:6,791

でした。

(2019年12月29日現在、yaku-ten.com調べ)

WEBから検索可能な登録求人件数は、大手のマイナビ薬剤師や薬キャリ薬剤師とほぼ同等50000件台でした。取り扱っている数は多いことに越したことはありませんので、良いポイントだと思います。

非公開求人に関しては具体的な件数の明示がなく残念ながら不明ですが、ヤクマッチ薬剤師のコンサルタントから連絡があり次第、聞いてみたいと思います。

ヤクマッチ薬剤師への登録方法は?

ヤクマッチ薬剤師への登録方法は、WEBからの登録で完結します。

以下の情報が登録時に必要になってきます。

私も実際に登録を行いました。

非常に簡単で他の転職サイトと変わりありません。

ヤクマッチ薬剤師登録時に必要な情報

  • お名前(フリガナ)
  • 薬剤師免許の有無(取得見込み含む)
  • 生年月日
  • 住所
  • 性別
  • 電話番号
  • メールアドレス

この後、メールの認証が終了次第、コンサルタントから連絡が来るはずです。

私は休日に登録したためか、登録から1日経ってもコンサルタントからの連絡が来ていません。

休日の新規登録受付対応はしていないのかもしれませんね。

コンサルタントから電話連絡があり次第、追って追記していきますね。

ヤクマッチ薬剤師へ登録するメリット・デメリットは?

数ある薬剤師転職サイトの中から、ヤクマッチ薬剤師へ登録する際のメリット・デメリットを考えてみましょう。

メリット

ヤクマッチ薬剤師は、薬剤師としての業務に満足感を感じていない原因を究明した上でその対策を講じるために興されている会社です。

よって、薬剤師として働きだした数年後に転職を行いたい場合の対処法について、しっかりとしたノウハウがある可能性があります。

登録だけではなく、全てのサービスを無料で使うことができます。

また、公式ページではヤクマッチ薬剤師の強みとして以下の3点が挙げられています。

  • マッチングの精度の高さを重視!
  • 薬剤師免許を持った薬剤師が在籍!
  • ご提供できる情報量が非常に豊富!

ヤクマッチ、というサービス名からも、求職者と求人情報のマッチングに自身があると見えます。

また、薬剤師免許を持ったコンサルタントが在籍されているとのことですので、僕ら薬剤師の希望する職種や質問に対しての返答で的外れな回答をされる可能性は少なくなるのではないでしょうか。

また、情報量が非常に豊富な要因の一つとして、「薬局側と現場の薬剤師、実務実習生の3方向からの情報収集」ということも特徴に挙げられますね。

通常は薬局などの経営側と現場の従業員の薬剤師からの情報を得ておりますが、ヤクマッチ薬剤師は薬学実務実習生からの情報も収集しているようです。

第3者から見た現場の雰囲気を感じ取れる薬学実務実習生の立場の意見を持っているということがヤクマッチ薬剤師の強みの一つと言えるでしょう。

デメリット

ヤクマッチ薬剤師でのデメリットは何でしょうか。

デメリットとして挙げられるかはわかりませんが、メリットとして上げた薬学実務実習生からの聞き取りをそのまま鵜呑みにしてしまうと、実際の環境とは異なる可能性があります。

なぜなら、病院や薬局によって、薬学実務実習生への対応が異なる可能性があるからです。

薬学実習生の教育に本腰を入れて手厚い実習を行っている施設もあれば、業務に支障のない程度に参画してもらっている施設もあります。

学生としては満足な実習、不満足な実習という感想の違いがありますよね。

薬学実務実習生への待遇が、その職場の待遇とは限りません。

とはいえ、薬学実務実習生を手足のように雑務をさせることを実習としたり、ほとんど相手にしない(相手にできない)ような職場は選ばないほうが良いと考えるのが妥当でしょう。

よって、結果的にある程度の薬学実務実習生の情報は大事になってきます。

 

 

現在のところはヤクマッチ薬剤師を利用するデメリットは見当たらないようですが、あえて指摘するとするならば、ヤクマッチ薬剤師を利用した転職経験者の声が少ないような気がします。

また運営本体が全国区になく、大手のリクナビ薬剤師やマイナビ薬剤師と比較すると対応されるコンサルタントの人数がす比較的少ないことが予想されます。

ヤクマッチ薬剤師を利用して転職をされた方はそれらの情報をコメントで教えて下さいね。

 

まとめると、ヤクマッチ薬剤師は、薬学実習生の声を聞いている数少ない薬剤師向けの転職サイトであり、リクナビ薬剤師などの大手とほぼ変わらない求人件数を備えている転職サイトですので、ぜひチェックしてみてください。



薬マッチ薬剤師公式サイト:https://yakuzaishi.yakumatch.com/

 

ヤクマッチ薬剤師の評判と口コミは?

ヤクマッチ薬剤師を実際に使った評判や口コミに関し、調査を行いました。

調査を行いましたが2019年12月30日現在では口コミや評判に関する記事やツイートが発見できませんでした。

そのため、独自に評判や口コミの調査を実施中です。

結果が出ましたら追記していきます。

ヤクマッチ薬剤師の気になる点

情報収集の際に、実務実習の薬学生からの情報収集を行っているとのことでした。

普段、実習を受け入れる私達からすると、学生には学生のカリキュラムを作っています。

よって、実務実習薬学生さんたちの感想がそのまま職場の雰囲気や実習姿勢などを評価することができるでしょう。

しかし、職員の勤務姿勢や研修制度、評価制度などの詳細は学生からの聞き取りでは難しいと思います。

そのような除法を、職場の従業員から補っていれば、薬学生の就職先検索だけではなく、薬剤師の転職先検索にも良い影響があると思われます。

登録前の注意点

薬剤師の転職を成功させるにあたり、一つだけではなく他の転職サイトの併用利用が良いでしょう。
併用をお勧めしている理由とそのお勧めサイトは下部に記載してありますので、ご覧ください。

また、来年度に薬剤師免許を取得される予定の薬学生は、登録だけで1万円もらえちゃう 登録1万円キャンペーン他各種キャンペーン実施中!薬剤師の派遣・転職 株式会社AXIS(お仕事ラボ運営)というサイトもありますので、ぜひご活用ください。

登録後の流れと効果的な使い方

基本的な利用の流れは一般的な転職支援サイトと大きく異なるところはありません。

  1. 会員登録
  2. キャリアコンサルタントからの情報提供
  3. 紹介を受ける場合は個人情報を企業に提供
  4. 説明会や店舗見学などのご案内
  5. 選考に進むかの選択

    という流れです。

    面接準備、面接対策の資料が公式ページでしっかりと公開されていますのでチェックしておくことをおすすめします。

    また、職務経歴書や履歴書の記載方法までもコンテンツとして提供されています。これらは転職をする際には非常に役に立つものです。

    転職活動をスムーズに行い、コンサルタントを十分に活用する方法は、しっかりと自己分析を行った上で、希望事項を具体的に伝えることです。

    こちらに参考となる記事がありますので、興味ある方は御覧ください。

     

    ヤクマッチ薬剤師はこちらから登録することができます。



     

    薬剤師が転職時に登録しておきたい転職サイト

    薬剤師の転職サイトは数多くあり、どのサイトを利用すればよいか判りにくいですよね。

    迷ったらまずこれらの転職サイトを活用してみよう

    当サイトでは、各転職サイトの特徴や、使うべきポイントに関してまとめる予定でいますが、まずは最王手の「マイナビ薬剤師」と「薬キャリ」などの複数の転職サイトに登録しておくことが良いでしょう。

    マイナビ薬剤師」は5年連続利用者満足度がNo1ということで、信頼と実績があり安心して利用できそうです。
    サイト内には職務経歴書や履歴書の具体的な書き方講座もあり、とても参考になります。

    薬キャリ」はm3キャリアが運営する転職サービスで、医師向けのサービス提供も実施している会社であるため、病院系の転職に強いと言われています。

    最新の情報を常に受信し続けることが必要

    一般的に、転職に関連する情報は生ものです。
    好条件の案件であれば、あなたが迷っている数時間のうちにライバルに取られてしまうこともあるでしょう。

    なるべく早く行動し、情報収集をしていくことが、あなたの転職を成功させるカギの一つだと言っても過言ではありません。

    また、様々な転職情報に触れていくことで、求人情報への目も肥えてくると思います。

    どんどん転職サイトを有効活用していくことは、あなたの転職をより良いものへとするでしょう。

    このように複数の転職サイトに登録しておくことでそれぞれの強みを活かすことができるようになりますので、できれば複数登録することをおすすめしています。

    転職サイトやコンサルタントを有効に活用するための方法

    転職サイトやそのコンサルタントを有効に活用するに押さえておきたいポイントがいくつかあります。
    それらのポイントをまとめた記事もありますのでチェックしてみてくださいね。

    まとめ

    薬剤師むけの転職サイトの一つであるヤクマッチ薬剤師に関して調査してみました。

    公開求人数と同程度の非公開求人もあり、個人が「納得のいく転職」ができるようにサポートしてくれる非常に頼り甲斐のある転職サイトだなと感じました

    公式サイトでは履歴書、職務経歴書の書き方、面接の心得など、転職の基礎部分もカバーしているので、そちらも是非チェックしてみてくださいね。

    この記事が少しでもあなたの転職に役に立てば幸いです。

    スポンサーリンク
    マイナビ薬剤師
    エクスファルマ

    この記事が気に入ったら
    フォローしよう

    最新情報をお届けします

    Twitterでフォローしよう

    おすすめの記事